日本語の魅力を思いっきり!

世界中のお弁当

先日、知人たちと、お弁当について話をしていました。

「うちのお母さんは、こんなおかずを入れてた」

「うちのお母さんのお弁当はこんな斬新だった」

・・・・・・などなど。

お弁当の中身って同じ日本の家庭でもそれぞれ個性的だったりしますよね。

それでは、外国ではどんなお弁当を持って行くのかしら・・・って興味が湧きませんか?

私は高校時代に、オーストラリアでホームステイをした経験があるのですが、オーストラリアのお弁当には私も他の日本人の友だちも驚かされました。

日本人の想像するお弁当は、唐揚げや漬物、煮物が入って、ご飯かおにぎりがつく・・・って感じですよね?普段食べている食事をぎゅっと箱に詰め込んだ感じ。

でも、私がオーストラリアでホストマザーに毎日渡されたお弁当は

ハンバーガー、チョコレート、ポテトチップス(袋ごと)、紙パックジュースがボンボンっと大きな箱に入っていて、ペットボトルの水までもがランチボックスに詰め込まれていたものでした。

他のお友だちのお弁当の中身も同じ。

カルチャーショーーーーック

文化の違い・・・と言うほど、大きなものではないかもしれませんが、外国でのちょっとしたこんな生活習慣の違いって私はとても興味深いし、面白いなと思うのです。

それ以降、私は外国人のお友だちができると、

「あなたの国のお弁当はどんなものなの?」

と、ついつい聞いてしまいます。

もしも、私のレッスンを受ける機会があったら、是非、あなたの国のお弁当のお話を聞かせて下さい。

ちなみに、当時、甘いものがあまり好きではなかった私は、お弁当のTimTamと言うオーストラリアのチョコレートを後回しにして食べていました。すると、ホストシスターに

TimTamは本当においしいから、絶対に食べなくっちゃダメ!

と強く食べるように説得されたことは、印象強く残っています。日本のコンビニなどでも今では見かけるオーストラリアのTimTam。実は、その時から私の好きなおやつの1つになりました。

Tim-Tam's
by Ariaski, Flickr

あ、そういえば、オーストラリア人の友人の中には、TimTam柄のパジャマを着ていた子もいましたよ。