ペアレンティングinアメリカ

やっぱり車は必須、アメリカ子育て生活

さて、何回も書いているようですが、車。本当に必須になってきました・・・。一人ならバスでどこでも行けるんです。でも赤ちゃん連れとなるとそうも行きません。

事の発端は子連れお母さんグループで会った時から始まります。みんな日本車のワゴン(別に日本車ではなくてもいいんですが、やっぱり良い車ですよね)を運転していて、市営プールに頻繁に連れて行ったり、図書館の読み聞かせクラスに通ったり、買い物に頻繁に連れて行ったりと毎日必ず外出しているそうです。

うちは車がないということでなかなか思い立ってすぐに行動に移せないためか、はたまたシアトルの天候の移り変わりが激しいからか、外出する機会が他の子供たちに比べて少ないことに気付かされました。

これから寒くなる中、日本のお母さんたちはどうしているのでしょう?近所の買い物だけで、私のようにたまにバスや電車に用があるときに行くくらいなのではないでしょうか。

ということは、アメリカの日本人ママは車という便利な乗り物があるおかげでかなり子供を外出させていることになります。子供の外出の頻度と脳の発達は関連性があるのでしょうか?

私は家の中でも、子供が常に刺激を受ける環境であれば、脳の発達は十分期待できると思います。でも極端に生活の場が家の中だけだと、両親しか関わる人がいないため、コミュニケーション能力の発達には欠けるかもしれません。

より人間関係を円滑に進められるようなコミュニケーション能力を向上させるには、外出をして他人と関わらせるのは必須かもしれません。アメリカ人が日本人と比べてシャイな人が少ないのは、もしかすると乳児期からの外出の頻度に関連性があるのかもしれませんね。

ここシアトルは今週ずっと雨。これからますます車が欲しくなるシーズンです。

AUTHOR

ペアレンティングinアメリカ アメリカンの夫とジャパニーズの私とハーフの息子のアメリカ生活記