アメリカンライフ&エピソード

Season’s greetings

12月になり、クリスマスカードを買いに行ったのですが、ほとんどのカードに”Merry Christmas”と書いてあったので、ちょっと「あれ?」と思いました。

私が住んでいたアメリカでは、渡米した96年頃はまだ”Merry Christmas”が多かったようですが、近年は、いろんな宗教への配慮から,一般用にカードに印刷されたメッセージは ”Season’s greetings“というのが断然多くなっていたと思います。

もう一つ、アメリカで気がついたことは、Thanksgiving holiday あたりでホリデー用のライトアップを家に飾り付ける場合が多いのですが、その中に、イエス生誕の場面のものがよくあることです(写真参照)。

日本も最近ライトアップするお家も増えているようですが,さすがに教会でもないかぎりなかなかこういうシーンのライトアップはないですよね。ちなみに、この場面のことは”nativity scene”  と言います。特に私の住んでいたテキサスは”buckle of bible belt” (バイブルベルトのバックル)と言われるくらいクリスチャンの多い所なのでよく目についたのかもしれませんが。

前述のカードの事とも関連して、最近は公の場のクリスマスツリーさえも、宗教的に問題視する動きもあるようです。そのかわりに”secular decoration“(宗教色のない飾り付け)をしましょう、という主張のようですが,それもなんだか味気ない気がしますね。

なにかと慌ただしい年末に入りましたが、みなさん風邪等召されませんよう、、そして、語学の学習も頑張って下さいね:)