アメリカ西海岸のこんなこと

市民権取得のプロセス開始!

前からやろうと思ってて6-7年も伸びていた市民権申し込み。申込書記入の手伝いをしてくれるワークショップがあったのでこれを機会にやっと申込書を送りました。

思ったよりも早く「申し込みが届きましたよ」という手紙が来て、その後すぐに「x月x日に指紋を取りに行ってください」という手紙も。でもほんとのプロセスはこれかららしいんです。まず指紋をとってbackground check(犯罪歴のチェック)してからちゃんと処理を始めるらしいです。でもワークショップで手伝ってくれた弁護士さんは4−5ヶ月で取れるだろうって言ってました。まあ、面接試験に受かればですけどね。。。

写真は指紋を採りに行った時にもらった問題集。100問あってこれを暗記。面接で聞かれるのはそのうちの10問だけで6問正解すれば合格。

まず私はアメリカ人である旦那をテスト。最初の政府関連の質問10問の内、答えられたのは1つ。苦笑

アメリカ人でさえ知らないような事をなぜ。。。と思いながらも仕方なく勉強(暗記)中。記憶力がとっても悪いから不安です。


by nickirp, Flickr

アメリカ人の友達に市民権の事を話すと「結婚したら自動的にもらえるんじゃないんだ」とよく言われます。グリーンカードを何年か持っていて、いくつかの条件を満たしていて、申し込みしないと市民権はもらえないんです。グリーンカードのままでも良いけど10年ごとに更新しないといけないので面倒。しかも移民局(今はhomeland security)を通してやる事は手数料とかがどんどん上がって行くので市民権を取ってしまった方が楽。ちなみに市民権の申し込みには$680かかりました。

テストに受かるように勉強しないと。。。

photo credit: nickirp via photopin cc