ノンフィクションで行く異国漫遊ひとり旅

お気に入りの街ザルツブルク&ウィーン グルメ編 part3

寒い、とにかく寒いウィーン。
寒いのが苦手なのになぜ2月の真冬にウィーンなのか
今さら疑問に思うものの、
力を振り絞りカフェ探索。

やはり、誰もがカフェ、ケーキといえば憧れるザッハトルテを食べなければウィーンに来たとは言えない。

もちろん、他の店ではなく、ホテルザッハーのザッハトルテを目指す。
近くまで来ているはずなのに、なかなか見つからない。
地図を見ながら行ったり来たり、どうしてもわからず、すれ違う通行人に聞いてみる。

私『ザッハトルテはどこですか?』
通行人『ん?』
私『いや、ホテルザッハーはどこですか?』
通行人『ここ』

なんとすぐ目の前、指を差すガラス張りの一階こそホテルザッハー。
あまりの寒さで冷静な判断が無く、ホテルの前を何度も歩いていたらしい。

ドアを開け、一歩踏み入れる。
すると客たちは、思い思いに会話を楽しんでる様子がうかがえる。
スーツ姿のビジネス客や紳士、ご婦人がたくさん。

緊張し辺りを見回すものの、なぜか店員が近づいて来ない。
単に忙しいのか、もしくは、あまりの寒さに
コートで着膨れした私におびえているのか・・・
それとも単に、やる気が無いのか、

わけ分からず、とりあえず一人でも怒られなさそうな席に着席。
自分の足の長さが足りないのか、座りずらいカウンター席である。

待つこと3分、なかなか店員が来ない。
わざと視界に入るように怪しく動いてみる。
私は客のように見えないのか、本当に来ない。

120215_1938

やる気が感じられない。
誰もが憧れる伝統のホテルザッハー、その併設のカフェ、
ザッハトルテ発祥の地、その店員がである。

するとようやく、仕方なくという雰囲気で店員に接客される。

だが、接客を楽しむのが目的ではないため
当初のシナリオ通り、ザッハトルテ、クリーム付き、メランジェを注文する。
特に何事も無く注文終了。

しかし、他のカフェに比べると老舗という雰囲気はない。
やはりホテル内だからか、バーという感じである。
でも味は最高。
120215_1937

さすがにケーキの王様、オリジナルのザッハトルテである。
表面のチョコの色、フォークを入れた時の感覚、
クリームと食べる舌触り、メランジェとの相性が素晴らしい。
食べる芸術品である。

店員に品があってやる気があればさらに良し!