アメリカンライクなCREATIVE人生

エボラ出血熱フィーバー

今西アフリカでエボラが出てコントロールできない位になってる。アメリカから救済に行った人達も2人感染してしまった。それで、先週と昨日軍の飛行機を使ってアメリカ本土に2人をつれて帰ると言うことが企てられた。特殊な飛行機でジョージア州の空軍基地に輸送されたあと特別仕様に改造された救急車でパトカーの誘導のもとにアトランタのエモリー大学病院に搬送された。

エボラに感染した患者がアメリカ本土に来るのはこれが初めてになる。

何を隠そう僕はエモリー大学で働いてるからちょっと気にならない訳もない。学内にもEメールが回って来て患者のことをマスコミに話さないようにとか話したらお仕置きしますとか。受け入れる方も大変だよね。どうしてエモリーかと言うとエボラ級の患者を受け入れられる施設が全米に5つしかないらしい。それとWalking Deadでも有名になったCDC(アメリカ疾病予防センター)という大きな政府の機関がエモリーの隣にある。CDCは国の感染病の本家だからね。国内の病気のアウトブレークに関しては全部ここが管理してる。

まあそういう訳で昨日は病院のまえはありとあらゆる報道陣がテントを張って救急車を待ってた。悲しい話まるでお祭り騒ぎ。写真はCNNで有名なサンジェイガプタ博士がビデオを撮ってる所。周りで医学部生達がまるで有名な映画俳優でもみる様な目で見守ってた。

2人の患者は何か実験的な薬の効き目が出てるとかいってたけど早く良くなってほしい。それからもちろんアフリカのエボラも早く収まってほしい物です。