海外で日常を 〜世界の街とその一日〜

airbnbとホテルとホステルと ー宿泊場所探しの苦悩ー

海外滞在で一番お金がかかるのが、「住む場所」だ。

1週間程度滞在するのであれば、ホテルを予約するのが一番手っ取り早い。でもそれが長期ともなると莫大な費用となってしまう。

ホステルは手頃なので、長期の旅行では最適だし、シェアルームでたまたま一緒になった旅行者たちと意気投合して友達も増える、といったメリットもあるかもしれない。しかし、友達ができやすい一方でプライベート空間を確保するのが難しく、セキュリティ面を自分で常に気を配らなくてはいけないというデメリットもある。

そこで強い味方になりそうなのが前回の投稿で少し説明したairbnb。

私の場合、手頃な料金で一人部屋を確保したかったので、旅の滞在のほとんどをairbnbで予約することにした。でも、その国の地理もよく分からないし、知らない人の家に行くって大丈夫なの?とちょっと不安にかられていた。しかし、ストリートヴューを駆使した検索と未来のホストとのメールのやり取りを重ねるうちに「良い家」探しのコツをつかんできたように思う。

SNSで一番大事なことは「信頼度」。どうやって信頼度を見極めるか、というのは「レビュー」と「ホストとのメッセージのやりとり」で決まると思う。ホストにメッセージを送る機能がついているので、手軽に聞きたい事を直接ホストに聞く事ができる。 例えば「あなたの住んでいる場所の雰囲気がとても良さそうなので興味があります。もっと具体的に教えて下さい。」などとメールをすると、レビューで評判が良いホストは大抵きちんとした答えを返してくれる。具体的な街の雰囲気や近くにある有名スポット、などなど。さらには「どういうところに行きたいけど歩いて行けますか。」といった質問に対しても「こういう列車でどのくらい」とか「駅まで歩いてこのくらい」などと事細かに情報をくれる。

そしてホストが行っていた「近い場所」をストリートビューで検索し、おおまかな位置関係確認してみると大体の雰囲気が分かってくる。また、メールのやりとりをしないで予約できるホストもいるのだが、個人的には、自分の紹介もしつつ、きちんとコミュニケーションをとり、相手のメールの返信の早さ(評判の良いホストはだいだいメールも早い)だとか、返答の仕方などから信頼度を見極め、予約する方法が良いと思っている。

こういったWebサイトを使ってみたのは今回が初めてだったので、最初の予約はかなり緊張。しかし、「本人確認」などの認証などもホストごとに確認できるので、様々な判断基準をもとに「自分の責任で」予約することができる便利なWebサイトだと思う。

パリ、スペイン、ベルギー、オランダの家はairbnbで予約。予約はしたけど滞在はこれからなので何があるかはわからないが(急にキャンセルという事態もまれにあるらしいので)、とりあえず良さそうな家が見つかったので一安心!

さて、次回は飛行機や列車の話。

それではまた次回。