海外で日常を 〜世界の街とその一日〜

ロンドンっ子も外が好き

以前、パリではみんな外が好き、という話をしたのだが、もはや中で食事をする人種は日本人だけなのかと疑問になるくらいイギリスでもみんな外が好きらしい。

ただ、場所も変われば外の楽しみ方も変わる。パリではテラスでぎゅうぎゅう、ロンドンではぎゅうぎゅうの…

立ち飲み!

IMGP2161

この店でも…

IMGP2156

こっちでも…

IMGP2153

こちらで手に持つべきものはワインよりも断然ビール!

時刻は夜7時、ロンドンもサマータイムなのでまだまだ明るい。仕事終わりのロンドン住民たちはこうして立ち飲みしてから家に帰るらしい。

ロンドン在住の友人によると、道路に足が出ると警察に怒られるのでみんな店の前の狭い通路から出ないようにして立っているとのこと。

とにもかくにも、外も慣れていなければ立ち飲みも慣れていないので、この状態に紛れてまで飲みたい気持ちもイマイチ分からない。ゆっくりしたいというよりも、ワイワイ飲むのが醍醐味?!なのか。

日本で「外」であることがあまり人気がないのは、外に出ようとしてもどこもかしこも狭いので開放的な気分にならないから、ということが一番の理由だと思う。ただ、日本でも雰囲気の良いカフェでのテラスも気持ちが良いとは思うが、雰囲気の良い外の立ち飲み屋はあまり聞いたことがない。

街並も雰囲気は良いけどこの立ち飲みはキツイと思うのは私だけ?!