海外で日常を 〜世界の街とその一日〜

パエリアはパリパリ?それとも…

日本にはスペインバルは沢山あり、今まで何度もパエリアを食べたことがある。

これまでに食べたパエリアは外側がパリパリでご飯も水分が飛んだ感じだったので、それがパエリアだと思っていた。

しかし、スペインに来てパエリアを初めて食べた時、その違いに愕然とした。

 

パエリアはしっとりしている!

IMGP2614

最初に食べたお店では水分が多めだったので、味も様子も店によって違うのかな、と思っていたのだが、スペイン滞在中に4度パエリアを食べたところ、全部リゾットのような感じだった。

多分何も言わずにお皿に出されたらリゾットかパエリアか分からないだろう。

実際、コース料理を注文した際、パンかライスかと聞かれただけだったのでライスと答えたらリゾットのようなものが出てきた。真相を確かめねば、と思い「これはリゾット?パエリア?」と聞いたのだが、「パエリアだよ。」との解答。

ちなみに店によってお皿に載せて出してくることもあれば、鍋の場合もある。

とにかくしっとりふんわりしているので、「おこげ」みたいなものは存在しない。そのため、鍋でそのまま出された場合でも鍋の淵や底にあまりくっつかない。日本ではガリガリ音を立てながら店員が取ってくれたこともあったのだが…

IMGP3295 IMGP3299

 

細い短いパスタバージョンのパエリアも頼んでみたが、外はこんがり中はしっとり。

IMGP3052

 

これだけの確率ならば、やはりしっとりしているものが本当のパエリアなのではないか。しかし少なくともバルセロナで経験した4軒からの情報だが。他の地方では違うかもしれない。

日本で食べたパエリアは日本人好みのおこげ付きにアレンジされているのか、はたまた調理法が間違って伝わっているのか。真相はいかに?