海外で日常を 〜世界の街とその一日〜

ブリュッセルのクレジットカード事情

今までパリ、ロンドン、スペインと滞在してきて、問題なくカードを使用することができた。というかほぼカードが当たり前だった。

ただ、フランスでは店によってまれに「何ユーロ以上から」という制限があり、例えばバゲットのように1ユーロしないようなものが買えなかったり、また個人経営のような小さいお店では使用することができなかったことはある。でもそれもごく一部。特に不便を感じるまでもない。

ロンドン、スペインではお菓子1つ、水1つからカードを使うことができ、特に現金を使った記憶がないくらいだ。

 

しかし、ベルギーでは…

 

観光地なのにカードを使えないことが多い!

大型チェーン店やスーパー、最近できたようなカフェなどでは使える。

しかし、ブリュッセルの中心地であるグラン・プラスのある観光地が多く訪れる場所でさえ、現金払いのみ、という店が多く存在するようなのだ。

カードを使いたい場合は機械が置いてあるのを確認したり、また店に入る前に店員に確認することが必須。

ワッフルショップが立ち並ぶエチューヴ通りで、ワッフルを買った時も当然のごとく使えなかったし、普通のバーでもカードを使えない場合があったので今まで行った国と事情が違うらしい。

IMGP3448

観光地を一回りしただけでカードが使えない場面に何度も遭遇したので、確率としては結構高いのではないのだろうか。しかもカードの種類まで聞かないと「使えないカード」も存在する。

あまり現金は持たずに旅をしているので、私にとってベルギーはなかなかくせものだ。全体的には使えるのだけど…「便利」とは言いがたい。