Cafetalk Tutor's Column, leelee

中国の“盒饭(HÉ FÀN)”と日本の「お弁当」

日本のコンビニやスーパー、どこにも間違えなく「お弁当」を売っている。

中国には、元々お弁当の風習がなく、強いて言うと、“盒饭”というものがある。

ただ、“盒饭”はコンビニにもスーパーにも売っていない。道端の小さな飯店(レストラン)で売られることが多い。

まぁ、レストランといっても、個人経営の食堂のようなもので、4畳から6畳くらいの広さがあれば、いい方だ。

また、あらかじめ仕上がりして売るのではなく、下の写真のようにいろんなできたおかずを並べて、お客さんの好みで、中から選ばせてくれる。店によって違うが、ご飯は、ただで大盛りにしてくれる店も少なくない。

入れ物も店によって、ワンプレートにご飯もおかずもとにかくてんこ盛りにするところもあり、ご飯とおかずと別々に入れてくれるところもある。

ちなみに、冷菜以外のおかずは、必ず温かい状態で販売される。なぜなら、中国人は、温かい食事をとにかく好むからだ。

日本では、学校やお花見にお弁当持参が多いのだが、それは、最初に日本に来た中国人からすると、誰しも一度くらいは、驚くものであろう。

筆者が昔学校の遠足に、昼食は必ずパンを持って行った覚えがある。また、お昼は、パンだけならお腹が空くから、その日の朝には、いつもの倍くらいの朝食が出ることが定番だった。

今となっては、日本などの海外文化も取り入れられ、多くの店では、日本に似た(仕切りのある)容器で、“盒饭”を盛ることも増えたが、いまだに、冷たいご飯とおかずを食べられない中国人も多かろう。

筆者も日本在住16年になるが、まだまだ中国の“盒饭”の味が忘れられずにいる。

AUTHOR

leelee 日本在住16年、中国出身のLeelee講師。初級から上級までしっかり中国語を勉強したい方へおすすめの経験豊かな講師です!→カフェトーク講師プロフィールへ