Cafetalk Tutor's Column, Yuka.M

アメリカで教員免許を取得する方法

講師のYuka.Mです。
アメリカの教員免許を持っています。


では、どうやってアメリカの教員免許を取得したのかを
書いていこうと思います。
*私の実体験に基づくものでありますので、参考程度に。

1)アメリカの大学に入学する。


Accredited(認可)されている大学を選びましょう

2)教育学部を希望する。


アメリカの大学では、最初から学部を決めなくても良いのです。
教育学部は、とても特殊な教科を取るので、一般教養のクラスも
教育学部向けのものがある場合も。
はじめから教育学部に進みたい場合は、はじめから希望しておきましょう。

3)3回生に進級する際のテスト受験・合格

3回生に上がる際、一般教養を終え、『教育学部』にオフィシャルに入ります。
3回生に進級する時、
3.0GPAや3.25GPA等、成績で切り落としがあります。
そして州の統一テストC-BESTやWEST-Bなどを受験・合格する必要があります。
州の統一テストは州ごとに異なります。
ライティング、リーディング、数学、理科、社会などアカデミックな統一テストです。

4)約2年間の教育実習をする。

教育実習は数週間ではありませんでした。
異なる学区・学校・学年の実習を経験するため、
6校で実習をしました。
合計2年です。

5)卒業間際・卒業後に州ごとの教員免許テストを受験する


教員免許は、実習をし・教育学部を卒業するだけではもらえません。
PraxisやNESといったテストを受験します。
科目ごとの専門知識・クラス運営・親との関わり・教育一般の
幅広い問題が出題されます。

6)引越すたびに免許更新・・・?

州ごとに法律や免許が違うアメリカ。
実は州によっては、教員免許をその州の規定に基づき取りなおさなければなりません。
その場合、テストを受験し直す必要があります。

7)免許は更新制度


州により規定は異なりますが
最初の免許は数年で更新です。

アメリカと日本では教員免許の取り方がとても異なりますね。
アメリカで教員免許取得を希望されている方や仕組みを知りたい方の
参考になれば幸いです♡

AUTHOR

Yuka.M アメリカ・シアトル在住、シナリオ英会話を中心に、発音・添削・翻訳のレッスンを提供しているYuka.M講師です!→カフェトーク講師プロフィールへ