ペアレンティングinアメリカ

今回初めての妊娠だった私は、日本とアメリカでの妊娠・出産に関する考え方や、定期健診の内容の違いに興味があったため、ブログや妊娠に関するウェブサイトなどで、二つの国の違いについてリサーチをしてみました。   まず、アメリカと日本では妊娠月の数えが違います。 日本は満10ヶ月としますが、アメリカでは9ヶ月が出産月(*1)とされます。 それは、アメリカでは最初の1週から6週までを妊娠1ヶ月とし、最後の34週から40週までを9ヶ月とするためです。 Continue Reading

りんごでアート生活! - Art life in Big Apple

アメリカで4年半の大学生活を送る中、様々な授業で驚きや感動がありました。その中でも今日は忘れられないデッサンのクラスでの出来事です。 グラフィックデザインを専攻していたため、一通りのアートクラスを取っていた私は、その学期、デッサンのクラスを取っていました。 その日は待ちに待ったモデルデッサンの当日。先生に紹介されて、堂々と生まれたままの姿で出てきたのは男性モデル。私はてっきり女性だとおもってタカをくくっていたのに、男性。名前はアダム。「なんてこの姿にあっている名前なんだろう」…など、考えている間に、彼を生け贄のように生徒でぐるりと囲み、スケッチ開始。 そりゃ芸術ですから。俗世間とは離れた考えを持たなくてはなりません。 しかし、相当な衝撃。 Continue Reading

ローマに埋もれて

イタリアは3月の最終日曜日、つまり明日から、サマータイムにはいります。10月の最終土曜日までは、日本との時差は7時間になり、日本の午後14時が、こちらの朝7時となるわけですね。 うちでは、前の晩のうちに時計を1時間進ませて床に着きます。睡眠時間が1時間、減る事にかわりはないけれども、違和感なく、スムースに1日を始める為には、とても大切な事なのです。 このサマータイムの恩恵で、ピークの6、7月は夜の9時頃まで明るく、いつもの楽しい夕べも、さらに格別なものとなります。夕べを楽しむには、夏冬関係ないのだけれど、この時期は特に、心がうきうきしてくるものです。 ローマの3月というと、日中、ぽかぽかする日も多く、そんな日の夕方には、早くから、 広場にあつまり、おしゃべりに熱中している光景を見かけるようになります。 Continue Reading

りんごでアート生活! - Art life in Big Apple

アメリカの大学は本当に広く、専門の学部専用の建物がそれぞれあり、美術や舞台、宇宙学等も同じ大学内で学ぶ事ができます。 一般的なアメリカの4年制大学の場合、日本と同じように一般教養(General study)+専門科目を取ることになります。一般教養の中にも体育ならカヌーやロッククライミング、音楽ならジャズヒストリーなど、個性的な科目が選択できます。 一般教養を取っているうちに他の学部にも興味がわいてきた時、どうしますか? アメリカの大学の素敵な制度といえば、途中で学部を変更・追加できるということ。「ビジネス専攻で入学したはいいけど、やっぱり環境学を学びたい!」など、驚くような方向転換が可能です。なので気付くと友達の専攻が変わっていることもしばしば。 Continue Reading

ローマに埋もれて

ローマにきて6年、やっと6年。あっという間、 とも言えない、これまでだった。 いままで生きたなかで、長野県に住んだ14年が、 いちばん長い。 テラスから、町並みや、道ゆく人をぽやんと眺めたり、 Continue Reading